Information

人生で後悔したくない7つの事(be able toとcanの違い)

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       日刊 【実践!英語回路トレーニング】 18/2/8

    ★英会話をマスターして人生をより豊かに生きよう!★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

GLJ英語学院代表の安田です。

 

 

日本は寒気の影響で厳しい寒さが

続いており、インフルエンザも

流行っていると聞いております。

 

 

くれぐれも体調管理には十分に

お気をつけください。

 

 

さて、本日の英語回路トレーニングは、

 

 

【人生で後悔したくない7つの事(be able tocanの違い)

 

 

です。

 

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

 

本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【人生で後悔したくない7つの事(be able tocanの違い)

 

 

7 Things You Do Not Want to Regret Down the Road

 

 

直訳すると

 

 

7つの事、あなたがしたくない、

後悔することを、将来いつか」

 

 

ですね。

 

 

簡単に意訳すると

 

 

「あなたが人生で後悔したくない7つの事」

 

 

ですね。

 

 

「人はなぜ、後悔してしまうのだろう」

 

 

私たちは、油断するとすぐに過去を振り返って、

ああするべきだった、こうするべきだった、

と思い悩んでしまいますよね。

 

 

もちろん、過去から学び、

未来に活かすことは大切です。

 

 

後ろ向きな後悔を、前向きな反省に変えるためには、

どうしたらよいのでしょうか?

 

 

本日はあなたが人生で後悔したくない

7つの事という内容からです。

 

 

それでは、be able tocanの違いを

見ていきましょう。

 

 

Today's Sentence

 

Life is full of regrets but we are 

able to reduce the number of them easily. 

 

Nothing and no one can make you happy. 

You are responsible for your happiness.

 

 

ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

 

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

 

 

【★英語の発声準備9ステップ★】

 

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

 

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

 

regret

 

意味:後悔・痛恨の念(名詞)

 

発音:ゥリグレット(リは唇を丸めて舌を喉元へ)

 

<一番強く発音する箇所:gree

 

 

 able

 

意味:能力のある(形容詞)

 

発音:エイボゥ(ボゥは舌先上前歯裏)

 

<一番強く発音する箇所:ablea

 

 

 reduce

 

意味:少なくする・減る(動詞)

 

発音:ゥリデュース(リは唇を丸めて舌を喉元へ)

 

<一番強く発音する箇所:duu

 

 

responsible

 

意味:責任がある(形容詞)

 

発音:リスパンスィブゥ(最後のゥは舌先を上前歯裏へ)

 

<一番強く発音する箇所:poneo

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

1:後悔・痛恨の念(名詞)

 

2:能力のある(形容詞)

 

3:少なくする・減る(動詞)

 

4:責任がある(形容詞)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

1: regret

 

sadness that you feel about something, 

especially because you wish it had not happened:

 

 

2: able

 

to have the skill, strength, knowledge 

etc needed to do something:

 

 

3: reduce

 

to make something smaller or 

less in size, amount, or price:

 

 

4: responsible

 

having a duty to be in charge of or 

to look after someone or something:

 

 

ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

 

続いてチャンク毎に英語を前から

英語のまま理解できるように

直訳技術を磨いて行きましょう!

 

 

英語を意訳しているうちは

絶対に英語のまま理解する事は

できません。

 

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、

次第に日本語訳にするまでも無いものは

そのまま英語で考えて行きましょう!

 

 

最終的に全て英語になったら・・・

それが当たり前ですが英語を英語で

捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Life is full of regrets but we are 

able to reduce the number of them easily. 

 

Nothing and no one can make you happy. 

You are responsible for your happiness.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【★chunk 1★】

 

=Life is full of regrets but we are 

able to reduce the number of them easily.=

 

 

<直訳1>

人生は後悔でいっぱいだよ、けどね、

我々はできるよ、減らすことがね、

それらの数を、簡単に。

 

 

【★chunk 2★】

 

=Nothing and no one can make you happy. 

You are responsible for your happiness.

 

 

<直訳2>

何もないよ、そして誰もできないよ、

あなたを幸せに。あなたは責任があるよ、

あなたの幸せに。

 

 

ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

 

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて

ここではなるべく英語に近い直訳で

全体を捉えるようにしましょう!

 

Life is full of regrets but we are 

able to reduce the number of them easily. 

 

Nothing and no one can make you happy. 

You are responsible for your happiness.

 

 

<解答例>

 

Life full だよ of regrets で、

けどね、we はできるよ、

to reduce することがね、

the number of them を、easily に。

 

Nothing だよ、そして no one can make だよ、

you happy に。You responsible だよ、

for your happiness に。

 

 

ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

 

ステップ4ではリスニングの為の

スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ

スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。

 

 

スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Life is full of regrets / but we are 

able to reduce the number of them easily. /

 

Nothing and no one can make you happy. /

You are responsible for your happiness. /

 

参考の音声はこちら

https://goo.gl/zon4XC

 

 

ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

 

それでは最後の仕上げです。

 

 

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに

そこに感情を込めて発話実感と共に

相手に伝えている意識を持って行う

オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む

(wellyou knowといった繋ぎ言葉を

入れても良い)あるいは手などを動かしながら

読むとより実践的でかつ効果的です。

 

 

ステップ4のスピード音読との

秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、

オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

 

「一読入魂!!」

 

 

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Life is full of regrets / but we are 

able to reduce / the number of them easily. /

 

Nothing and no one / can make you happy. /

You are responsible / for your happiness. /

 

参考の音声はこちら

https://goo.gl/4qXhML

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回は以上です。

 

 

be able tocanの違いについては

用法の違いというよりも、

 

 

そこに込められている感情(主観or客観)

の違いを理解するとより楽しいです。

 

 

是非理解して下さい!

 

 

本日は以上です。

 

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

http://goo.gl/IqwNoe

 

 

編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回の記事は

 

 

「人生で後悔したくない7つの事」

 

 

でした。

 

 

1. Meaningless excuses

2. Shyness

3. Quick chats

4. Staying stuck

5. Waiting

6. Not developing your talents

7. Hating your flaws

 

 

1. 無意味な言い訳

2. 内気

3. 家族・身内との会話

4. 行き詰る

5. 待っている

6. 才能を育てない

7. 欠点を嫌う

 

 

特に気になったのが、

 

 

1. Meaningless excuses

1. 無意味な言い訳

 

 

記事の中でも触れていましたが、

できない理由をつけたり、

言い分けをしたりと・・・

 

 

なかなか行動の一歩が

踏み出せないひとは沢山います。

 

 

自分の意思とは反対にです。

 

 

英語学習においても、「英語が伸びない、

英語学習が続かない」などの理由や

言い分けをよく聞きます。

 

 

いくつか考えてみました。

 

 

時間がない

ヤル気がない

忙しい

お金が無い

続かない

才能がない

 

 

キリがないので

この辺にしておきますが(笑)

 

 

「あ、これって自分だ!」

 

 

当てはまる理由や言い分けは

ありましたか?

 

 

人間誰しも愚痴を

言いたくなる時はあります。

 

 

そんな時は自分の「言い分け」を

紙に書いて読んでみましょう。

 

 

その上で、「本当にそうかな?」

と考えてみると、

 

 

意外と解決できることが

多いことに気付きます。

 

 

「よく見たら原因は一つだった」

 

 

なんてこともあります。

 

 

時間は全ての人に平等に与えられた

有限の資産です。

 

 

人生を後悔しないためにも

自分の言い訳とうまく付き合いながら

 

 

英語学習を継続させていきましょう。

 

 

知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

Morning」=「おはよう」

 

 

あまり一般的はありませんが、

これはGood Morningを短くした

朝の挨拶です。

 

 

How are you going?

How’s it going?

How are ya going?

 

 

などと一緒にオージーは使います。

 

 

この簡単な挨拶に対しての返答は、

 

 

Not badGoodが主流です。

僕はよくGood thanksを使います。

 

 

その他にも、

 

 

I’m doing good.

Alright.

Pretty good.

 

 

などがあり、声のトーンで気分が良い、

気分が悪いなど区別もできます。

 

 

学校でならったFine thank you how are you?

は残念ながら使いません・・・

 

 

知っていて損はない、現地でも使える

オージースラングでした!

 

 

本日は以上です。

 

 

ここまでお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

GLJ英語学院代表

安田

 

2018/02/08
pagetop